平成29年度 事 業 計 画
2017(平成29)年4月1日から
2018(平成30)年3月31日まで
平成30年度は作成中です


1.観測研究並びに一般事業
  今年度は、開設47年目に当たり、引き続き天文教育に重点を置く。
  別紙のとおり、特定観測と常時観測を行い、国内外研究機関および 観測研究者との交流を行う。

  一般事業としては、天文普及を目的として下記の事業を行い、来台者に対して科学する心を涵養する。
  1. 施設の無料公開および、観測会、観望会の開催
  2. 青少年育成として、小学・中学・高校・大学、ならびに一般向けの天 文教室・講座及び講演会等、視聴覚教育(実地観測、ビデオ、インターネット等)の実施
  3. 印刷物の配布、インターネット・ホームページによる情報提供
  4. 科学技術週間協力行事、スター・ウィーク行事、地域のイベ ント等への参加
  5. 報道諸機関、出版社等に各種資料の提供
  6. 天文学関連科学図 書の充実、観測資料の整備に努め研究者に資料を提供
 散逸の恐れのある日本国内の観測者研究者の諸資料を保存し、将来の研究資料として役 立てる役割を担う「西日本天文資料センター」として、
あら ゆる天文資料(器材、図書、フィルム、CD、DVD、観測 記 録等)を蒐集保管し可能な限り公開を行う。天文資料センターについては、長谷川一郎
博士をはじめとする諸氏の指導により事業を推進する。
  1. 岐阜市科学館、西美濃プラネタリウム等と協力して県内の天文知識を普及
  2.  引き続き、岐阜市科学館との連携事業として 天文講演会と スタンプラリーを実施する。加えて、夜間観望会は毎月計4回行う。
第1土曜日・第3土曜日:岐阜天文台、
第2土曜日:岐阜市科学館、
第4土曜日:岐阜駅前(岐阜天文台・岐阜市科学館共催)

2.長期継続計画
  長期継続計画は下記6計画(1〜6)である。

  1.天体資料展示の充実と西日本天文資料センターとしての運営
  2.天体画像処理のコンピュータ化
  3.天文資料のデジタルアーカイブ化
   4.機材の改修・拡充
  5.建物・付属設備の改修・拡充
  6.デジタル撮像機器の活用
周辺の都市化により、長時間の露光を必要とする微光天体の撮影には不向きな環境になり つつある が、月や惑星を始め、比較的明るい天体の
撮影に支障はない。
これらの撮影用として即時性に優れ、撮影後の処理にも適したデジタル撮像機器を導入し、機 械的、および技術的な課題の改善を継続する。
  
3.改 修・拡 充
  天文台も創立満46年を迎えて、構築物・設備・器材の補修や改修・拡充を要するものが多くなってきた。現在必要とするものは下記が主なものである。

  (1)器  材
  (2)建物・付属設備

平成30年度 事業計画表

 

日 程

特定観測

常時観測

資料研究

学会及び講演会

30年4月

火星と土星の接近

P/2017-03パンスターズ彗星近日点

水星が西方最大離角

星雲、星団、星野の 写真撮影

太陽面現象の観測、 月面の観測、星食の観測

木星面現象と衛星、 金星の位相変化、土星の環と衛星

観測資料の整理と発表

西日本天文資料センターの運営

 

5月

みずがめ座流星群極大

木星が衝

月と金星の接近

 

6月

小惑星ベスタが衝

土星が衝

 

 

7月

水星が東方最大離角

皆既月食(月没帯食)

火星が最接近(5759万q)

 

8月

ペルセウス座流星群極大

金星が東方最大離角

水星が西方最大離角

 

9月

海王星が衝

21P/ジャコビニ・ツイナー彗星最接近

金星が最大光度

日本天文学会秋季年会

10

ジャコビニ流星群極大

天王星が衝

金星が内合

...総 会

11

水星が東方最大離角

小惑星ユノーが最接近

しし座流星群極大

...理 事会

12

金星が最大光度

ふたご座流星群極大

46P/ウイルタネン彗星が最接近

 

31年1月

部分日食

しぶんぎ座流星群

金星と木星の大接近

 

2月

月と金星の接近

金星と土星の接近

火星と天王星の接近

 

3月

火星とプレアデス星団の 接近

水星が東方最大離角

月と金星の接近

日本天文学会春季年会

 


 

日 程

教 育 普 及 お よ び 事 業

施設その他の行事

30年4月

 

天文教室(第三土曜 日)特別天文教室(随時)、問合せ・相談等には随時対応

無料一般公開(毎月 第一・第三土曜日)および特別公開(必要に応じて行う)

学校、団体、研究観 測者への公開(随時予約受付・一般公開日以外の日)

図書資料の公開(資 料公開は随時要申込)

岐阜天文台矢橋式日 時計の維持管理アドバイス(平成十一年三月末 二〇〇ヶ所完成)

助成先報告書提出

5月

 

総会(評議員会・理事 会)

教育委員会報告

消防検査

6月

 

主望遠 鏡メンテナンス

7月

 

教育望遠鏡メンテナンス

8月

スター・ウィーク2018

夏期特別観察会

理事会

9月

 

 

10

 

理事会

11

 

浄化槽検査

12

冬期特別観察会

 

31年1月

 

理事会

観測機器メンテナンス

2月

 

 

3月

 

理事会

 

特定観測には国内外の研究機関の連繋、新彗星出現等で変更の場合がある。

依頼に応じて出張星見会・講演及び学校に出張授業を行う。

観測研究者の割当調整を行う